澱んだ沼の淵

日頃言わない・言えないことをつらつらジメジメ(!)と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]どうして私、片づけられないの?

この前本屋でこんな本を見つけたので読んでみました。

***

どうして私、片づけられないの?
桜井 公子 (著)





……うむぅ。
書いてあることがことごとく当てはまってるんだなw
おおまかにはこんな感じかな。

・片付けられない(部屋、仕事)
・間に合わない(時間、家事)
・夜中に頭が冴える
・理想は高いが行動が伴わない
・感情的衝動的になりやすい
・全部集めないと気が済まない
・人とうまく付き合えない(自分、他人)


本にはもうちょい細かいことが書いてあるんだけど、笑っちゃうくらい
「よくわかってるじゃん!w」と思うことばかり。
ホント、おっかしいw

で、本では「そうなるのは『脳のクセ』」としていて、「こういうクセがあるから
そうならないようにするにはこんなことを気をつけてみましょうね」
ってな感じに書かれてて分かりやすかった。
文章も自分には読みやすかったし。

クセってことでなんとなく安心したりして。
「病気」とか「障害」とか言われるよりもハードル低く感じるから
なんとか出来そうな気がするよ。(錯覚?w)

まぁ実際出来るかどうかは別だけども。
さっそくこんな時間まで起きてたりするし。
全然実践出来てないw
……今後少しずつ気をつけて行くようにしたいところであります。(^^;)

***

そんな感じ(どんな?w)で、個人的に面白い本だったので、
上の項目に当てはまる人にオススメしたいと思います。
ちょっとでも改善できるといいですね。お互いに。

スポンサーサイト

[本]マリア様がみてる チェリーブロッサム

激しく今頃なんですが、チェリーブロッサムの後編を読みました。
この巻は暫く前に全部読んだと思い込んでいたけど、どうやら読んだのは
前編のみで後編は読んでなかったみたいwすっかり忘れてたw

この巻から、主要メンバーが半分替わったんですよね。
先代薔薇様方が卒業しちゃって、新入生が登場するっていう。
だからなかなか読む気になれなくて。

まぁでも久しぶりに読む気になったので読んでみたわけです。

復習を兼ねて前半「銀杏の中の桜」も再読。
前半は志摩子と新入生の乃梨子のお話。
2人が出会って仲良くなっていくのですが、個人的には最初のうちは
やっぱり抵抗があったなー。
聖でない新しい人(乃梨子)と志摩子が仲良くなっていくのが
なんとなく寂しく感じたというか。
でもお互いがお互いを大事に想ってるようなので、最終的にはヨシ。
新入生の瞳子はちょっと苦手かなー。

後半。「BGN(バックグラウンドノイズ)」
前半のお話を祐巳視点で書かれたもの。
山百合会のみんながどんなことをしていたとか、祐巳がどんな思いを
していたのかとか。
こういう別視点でのお話って好きだな。
あと、祐巳が志摩子に持った気持ちってよくわかる。
何か納得いかない気持ちと、諦め(?)。
友達に彼氏が出来た時に感じるものによく似ている。
まぁ仕方ないねー。
それと、祥子と祐巳が最後に良い感じになっていて良かった。
あとは楽しく遊園地でデートしておくれ。(^^)


とりあえず、新キャラがいることに幾分慣れたので、次の本も
近いうちに読めるかな、という感じ。
次の本は話題になった(?)レイニーブルーであります。

[本]ダヴィンチ・コード

前に友達から借りていた文庫本のダヴィンチ・コードを読みました。
上・中・下の3冊。

不思議な殺人事件の容疑者の濡れ衣を着せられた主人公が、
逃げながら現場に残された暗号を解きつつ真相に迫っていく
というようなお話。

話が動き始めてからは先が気になって仕方なかったw
主人公らがいつ捕まるかもわからない緊張感と、次々に出てくる暗号達。
黒幕がどんな人なのかも終盤まで上手く隠されていたし。
おかげで最後まで飽きずに読めた。
うん。面白かった。

あと、ちょっと思ったことは「単位が違うから距離感が分からない」。
フィートとかマイルとか言われてもわかりませんがなw
ということで調べてみました。なるほどね。
  インチ (25.4 mm)
  フィート (0.3048 m)
  ヤード (0.9144 m)
  マイル (1640 m)

このお話は映画になってたからそれも見てみたいなぁ。
映像ではどんな風になっているのかなと。
レンタルは開始されてるのかしら。まだかな。
今度ツ○ヤを覗いてみようっと。

[本]好きな読み物 小説編

うーん。タイトルに偽りありっぽい気がしたので変更。
内容は変わってません。

***

思い立ったので書いてみることにw
本当は「勝手にユリバトン Ver.2」にしようと思ったんだけど
好きな作品を語って終わりそうだったので、変更。(笑)

私はあまり本は読まないので、知ってる百合小説・百合っぽい小説の数も少ないです。
その中で挙げてみようと思ったのが以下の物。

『刹那』/山下卓/ファミ通文庫
『カラミティナイト』シリーズ/高瀬彼方/ハルキ文庫
『マリア様がみてる』シリーズ/今野緒雪/コバルト文庫

でも人によってはどうかなぁ。
好みとか相性ってありますから。
まぁ私が個人的に好きってことでw

それらについて適当な雑感を続きに書いてます。

【“[本]好きな読み物 小説編”の続きを読む】

[本]神無月の巫女の本と原画集

原作者の介錯さん達が夏に出した、本とアニメの原画集を昨日購入しました。

噂に聞いていたとおり、原画集、ものっすごくいいですよ~~vvv
原画と作画監督修正画が沢山載ってます。216Pあるのでかなり。
それに加えて所々に解説のようなものがあるみたい。
ちゃんと読んでないので説明できませんけど。
時間がある時にゆっくりじっくり見ようと思ってます。

本の方は、ラブラブな姫千歌でこれまた良いです~v(*´∀`)
とはいえ、本の中にあるマンガ数本のうちの一本だけなので少々割高に感じるかも。
まぁその一本がラブラブなんで、私はそれでOK!
あ、あと、HPに置いてある前世物がありました。
続きを激しく読みたい!!
描いてくれないかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。