澱んだ沼の淵

日頃言わない・言えないことをつらつらジメジメ(!)と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

極上生徒会 12話感想

12話は奏と奈々穂のお話。
待ってましたー!(゚∀゚)

とある日曜日、奏と奈々穂がすっごい車に乗って神宮司家へ向かう。
車の中で、りのを心配する奏に語りかける奈々穂。

「極上のメンバーがいるのよ? 退屈する暇なんて無いわ」

へ?

―――奈々穂、女言葉ですよ!!!Σ(゚Д゚;)

のっけから驚かされました。
二人っきりだと、奈々穂は女言葉になるんかいっ。
…萌え~~~~~~!!!!(≧▽≦)/
奈々穂の女言葉、個人的にツボに入りました~。(*´Д`)

…あ、そういえば前に一回女言葉で奏に話しかける場面があったっけ。
すっかり忘れてたわ。

奏の実家が出ました。
で、でけぇーーー!(@_@)
和風の屋敷。とにかくデカい。
そして使用人が沢山いる。
紫の着物を着ていた。
奏の髪の色も紫だしなんかあるのかしらん。

舞ひめのガチな人も紫が好きな色でしたなぁ。
ということはここの使用人は全てガチなのかーーー?!!(*゚∀゚*)
……そんなこたないわね。逝っちゃってますな。。。orz

そしていよいよ回想シーン。
昔の奈々穂キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
ロン毛かわいいよロン毛!(*´Д`)

以下、大まかな流れ。

金城家は神宮司家の人を護衛する家系。
そこに生まれた奈々穂は護衛の勉強と特訓ばかりの毎日。
いずれ神宮司家の護衛になる以外に人生の選択肢はない。
だから、自分の夢を持つことすら出来ない。そんなスレた子供だった。

しかしある日を境に一変する。
初めて神宮司家へ出向き、護衛対象の奏と顔を合わせると
奏から意外な言葉を貰う。
「あなたは今から自由です」
奈々穂は涙を流して感謝する。お礼の言葉も出ないほどに。

以後は普通の小学生と同じ生活を始める。

ある雨の日、ずぶ濡れで弱々しく鳴く子犬を目にした奈々穂は
ふいに奏を思い出す。直後、雨の中を屋敷へ向かって走り出す。

屋敷で目にした物は、そこから逃げ出そうとする奏。
使用人を力で動けなくした奏は雨の中走り去った。
奈々穂はそれを追いかける。

ようやく奏を捕まえると雨の中お話し合いを。
話が一段落したらどっかの神社で雨宿り。
ここで二人の友情が誕生した。

というような感じ。
……いやー、お話し合いと雨宿り場面が良かったですよ!
「力はもう使いたくない!イヤなの!!」
「行きたくない。行きたくない。……」
と奏が自分の気持ちを吐くところを見て、『奏にもそういう普通の
感情があったんだ~』と変な感心をしてしまいました。
いつもの奏はほんわかしてる描写がほとんどだから、過去とはいえ
そういう辛い気持ちを持っていたことが新鮮でした。

そんな奏を見て奈々穂の中で起きた変化がこれまたステキ。
「夢が見つかった気がする。あなたと一緒にいる。あなたを自由にする。
あなたが私にしてくれたように、今度は私があなたを自由にする。
それが私の夢になった」
……これが今の奈々穂の原動力なのね!!(*゚∀゚*)
具体的にどうやって自由にするのかはわかりませんけど、でも頑張って~!
奏のために頑張る奈々穂が好きであります!

回想明けに奈々穂の笑顔が出てきたんだけど、これがなんとも
いいのですよ。楽しそうというか幸せそうというか。
日頃凛々しい顔が多いから余計にv

かわいいと言えば、回想の奏の最後の顔もかわいかった。
ほほ染めちゃってさー。(≧▽≦)
奈々穂のこと、ちゃんと信頼してるっていう感じでグーでした!

今回はここまで。
残りシーンは次回への引き。
二人が極上寮に帰るとものすごい惨状になっていて、
原因は「桂みなも」って女の子。
さてさて、どういったお話になることやら……?

コメント

アリカについて語れるものはいるか?

  • 2006/05/17(水) 17:21:27 |
  • URL |
  • アリカ #-
  • [ 編集 ]

アリカですか

申し訳ありません。
あいにくご希望に添う形での語りは私には難しいです。
アリカのファンサイトさんでお尋ねになれば、きっと語れる方がいらっしゃると思います。

  • 2006/05/18(木) 01:25:30 |
  • URL |
  • ふー #Hruelhgs
  • [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rmchsnyk.blog12.fc2.com/tb.php/22-1b96b51e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。