澱んだ沼の淵

日頃言わない・言えないことをつらつらジメジメ(!)と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]マリア様がみてる チェリーブロッサム

激しく今頃なんですが、チェリーブロッサムの後編を読みました。
この巻は暫く前に全部読んだと思い込んでいたけど、どうやら読んだのは
前編のみで後編は読んでなかったみたいwすっかり忘れてたw

この巻から、主要メンバーが半分替わったんですよね。
先代薔薇様方が卒業しちゃって、新入生が登場するっていう。
だからなかなか読む気になれなくて。

まぁでも久しぶりに読む気になったので読んでみたわけです。

復習を兼ねて前半「銀杏の中の桜」も再読。
前半は志摩子と新入生の乃梨子のお話。
2人が出会って仲良くなっていくのですが、個人的には最初のうちは
やっぱり抵抗があったなー。
聖でない新しい人(乃梨子)と志摩子が仲良くなっていくのが
なんとなく寂しく感じたというか。
でもお互いがお互いを大事に想ってるようなので、最終的にはヨシ。
新入生の瞳子はちょっと苦手かなー。

後半。「BGN(バックグラウンドノイズ)」
前半のお話を祐巳視点で書かれたもの。
山百合会のみんながどんなことをしていたとか、祐巳がどんな思いを
していたのかとか。
こういう別視点でのお話って好きだな。
あと、祐巳が志摩子に持った気持ちってよくわかる。
何か納得いかない気持ちと、諦め(?)。
友達に彼氏が出来た時に感じるものによく似ている。
まぁ仕方ないねー。
それと、祥子と祐巳が最後に良い感じになっていて良かった。
あとは楽しく遊園地でデートしておくれ。(^^)


とりあえず、新キャラがいることに幾分慣れたので、次の本も
近いうちに読めるかな、という感じ。
次の本は話題になった(?)レイニーブルーであります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rmchsnyk.blog12.fc2.com/tb.php/446-09c61ddb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。