澱んだ沼の淵

日頃言わない・言えないことをつらつらジメジメ(!)と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[舞-HiME]ゲーム 朔夜ルート終了の感想

オリキャラ朔夜のルートを終了しました。
巷でウザイと大評判のアイツです。

散々叩かれていたので全く期待はしてませんでした。
逆に、どれほどのボロクソっぷりなのか、そっちの期待を
持ちつつ始めてみました。

そしてゲームを終わった今の感想。
……なんていうんでしょう。
期待が低いと評価は高くなるものですな。

―――それなりに面白いと思っちゃいました。(*´∀`)

どうも世間とズレてるなぁ、自分。orz
前回のなつきルートの時に顔出しした朔夜をあまりウザく
思わなかった時に、一抹の不安はあったのです。
でも朔夜ルートでゲームを進めて会話の数とかが増えれば
ウザイと思うようになるだろう、そう思っていました。

―――逆効果でした。(*´∀`)

主人公の事を好きで色々と一生懸命でいる朔夜がかわいいと思ったり。
まぁ、主人公を「おにーちゃん先生」と呼んだり、恋愛禁止に関して
空気読めない言動についてはちょっとウザかったですけど。

エンディングについても別にあまり気にならなかったな。
主人公が勝手にそうしただけだし。
いいんじゃないのと。


なつきの時には不快な事がてんこ盛りだったのに今回は
あんまりなかったなぁ。
ヒロインも主人公もオリジナルだから思い入れがなかった事と
全然期待してなかったからっていう2点が原因でしょうな。
なんだか儲けた気分ですわ。良かった~。


その他、気になったところはこんな事。
・ウザイところアリマス
・むしろ主人公がウザイ
・朔夜変貌せず

良かったところはこんな事。
・スキップ機能万歳
・バトル時の声
・一応努力はしていた
・同性バージョンの登校妄想

ストーリーに関する感想がないですね。
そして偏ってますけど、気にしない気にしない。


詳細は以下にて。
~~~~~~~~~~
ウザいとこ

「おにーちゃん先生」と呼ぶ事。
恋愛禁止って言われてるのに全く気にせず振る舞う事。

そこらへんはウザかったデス。
中一ならまだしも高一なんだからそれくらいは出来るでしょうに。

……まぁそれやめたら話が進まないのでしょうけれど。(^^;)

~~~~~~~~~~
主人公がウザい

どんどん追いつめられていく朔夜。
だけどその原因の一つは主人公の優柔不断さだったり
アホな言動のおかげかと。

主人公がさっさと誤解を解くとか好きだと言ってあげれば
朔夜が追いつめられることはなかったわけで。

ましてや、既に舞衣とデキてると誤解されてるっていうのに
そんな中「相談したいことがあるから」と舞衣からの電話を
受けてノコノコ出かけてしまう主人公に心底、喝!!!

それと、呼び出した舞衣にも喝!!!
だって「命の様子が最近変。昨日はついに帰ってこなかった」
ってことが相談内容でしょ。(うろ覚え)
そんなんなら碧ちゃんにでも相談しなさいよ、と。
あんたら、誤解されたいのかー!
朔夜を更に追いつめたいのかー!

そんな風に思っちゃいました。

まぁそうしないと話が進まな(ry

~~~~~~~~~~
朔夜変貌せず

最初の方だったと思うけど(うろ覚え)、オーファンと戦う
朔夜が、殺戮マシンになりそうな描写があったんですよ。
「戦闘を楽しんでそう」とか「いつもの朔夜とは違うみたい」
とかそんな感じのことが書かれてた。
だから、チャイルドを覚醒させることで朔夜自身も戦闘中は
殺戮マシンのようになるのかなぁと思ってました。
が、それっきり。
肩すかしで終わっちゃいました。なんだったんだー??

あ、別に殺戮モードが好きってわけじゃないです。
日頃の朔夜からどう変わるのかっていう意味で期待したんだけど
ホントに肩すかしだったので気が抜けたというかそんな感じ。

~~~~~~~~~~
スキップ機能

前回は使わなかったスキップ機能。
今回は既読シーンでこいつを多用しました。
いや~~、もう、むっちゃ快適!!
感動しました。

一つ言うとしたら、未読のテキストもスキップ出来ちゃうのは
ちょっと困るかなぁと。オプションで未読をスキップするかを
設定出来たらよかったかも。

~~~~~~~~~~
バトル声

日頃のふにゃふにゃした声とは一転、激しく気合いの入った
叫び声で良かったですよん。
やれば出来るじゃん!>朔夜

頑張る人は好きであります。

~~~~~~~~~~
努力はしました

HiMEバトルを勝ち抜いて最後の1人になったけど
その間、決して無慈悲にバトルを行った訳じゃない。

戦闘回避しようとしたり、犠牲者に詫びるため死のうとしたり
朔夜なりに抵抗はしたのでありますよ。

それでもバトルから逃れられない。
でも主人公を死なすわけにもいかない。
だからバトルの勝者になろうと決めた。
倒すHiMEとその大切な人に対して心を痛めながら。

ゲーム開始前のイメージよりも断然良い子でしたわ。
ちゃんと悩んで苦しんではいましたから。
「大切な人を護るため」ってのはどのHiMEでも同じことだし。
『仕方なかった、では済まないことだけれど、でも仕方なかった』

~~~~~~~~~~
同性バージョンの登校妄想

ゲーム中、主人公がした妄想。
 男版朔夜と主人公の登校シーン
 朔夜と女版主人公の登校シーン
ほんのちょっとだけのテキストのみですがこれはいい!!
激しく笑いました!

個人的には朔夜と女版主人公の方が好き。
『お・ね・え・さ・まv』って…w
妄想GJ!!
つーかむしろそれでゲームを作ってと言いたいw

~~~~~~~~~~

以上です。


皆様が毛嫌いしていた朔夜ルートを問題なく終われて
ホッとしたやら哀しいやら。微妙な気分です。w

次は誰にしようかなぁ。。。


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rmchsnyk.blog12.fc2.com/tb.php/46-31d4faa7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。