澱んだ沼の淵

日頃言わない・言えないことをつらつらジメジメ(!)と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[アニメ]BLUE DROP #13

すっかり遅刻ですが、最終話の感想をば。


今までとても動きが静かなアニメだなと思っていましたが
今回はかなり動いていました。画面的にも話的にも。
静かなのもいいけど、動くと燃えますな。
さすが最終回!

13話で話がまとまるのかちょっと不安だったけど一応無事に
終わってよかったです。(´∀`)
人によってはわかりにくさがあると思うけど、きれいな雰囲気で
終幕となりました。
(正直言って私はわかってない部分が多かったので、某所の解説などを
 見ることでなんとか補完しました。でもまだわからないことあったりw)

印象に残ったのは以下のところ。
・マリと萩乃の恋人繋ぎ
・萩乃が体育館から出て行くときの挨拶
・アザナエル再登場
・BLUE発進の場面
・ノヴァールのジェノサイドモード
・ツバエル送り出し

例によって長くなっちゃったので、続きの方に置いておきます。

------------------------------
・マリと萩乃の恋人繋ぎ

手をただ繋ぐだけではなくて『恋人繋ぎ』ですよ!
うっはwなんつーラブラブカポーwww(≧▽≦)ノ彡☆
戻ってきた2人を見てミッチーが「仲直りしたんですねv」って言ってたけど
仲直りってレベルじゃねーぞ!www

あと、プールで濡れたはずの服が乾いていたことで、某所では
こんな推測がなされていました。
  服を乾かしてる間は服を脱いでたハズ
   ↓
  その間2人はパヤパヤv
全然考えてなかったから吹いたwww
ナイス!

------------------------------
・萩乃が体育館から出て行くときの挨拶

マリに向けて「さようなら」と言ったところで、萩乃の決意を感じました。
戻ってくる気があるなら前の時のようにそう言うと思うし。

------------------------------
・アザナエル再登場

BLUE、絶体絶命!!
というところでアザナエルが颯爽と再登場!!!
おおー、おいしいな!w

にしてもアザーは瀕死の重傷だったハズだけど大丈夫なんか?
オノミルのペンダントが何かしてくれたのかな?
まぁ無事で何より。

今まで敵役だったからわからなかったけど、味方になったアザーは
なんか頼もしい感じがしていいなぁ。
ツバエルとのかけあいとか好きだな。

------------------------------
・BLUE発進の場面

ここはどれも素晴らしいですな。一番印象深い。

特に、発進指示する萩乃が一番キた。
日頃クールな萩乃がボロ泣きするほどの気持ちでいるのに
それを振り切って艦を発進させるという、このなんとも言えない
切なさがもう…!!。・゚・(ノД`)・゚・。
声も上手かった!
ツバエルもね!
かなりグッと来ました。

------------------------------
・ノヴァールのジェノサイドモード

うはw物凄い禍々しさwww
ラスボスチックですげぇですw
音楽もよく合っててイイ!

------------------------------
・ツバエル送り出し

突然の萩乃からのお礼に戸惑っているうちに、カプセルに入れられて
そのままスポーン!
これまたビックリしたw
しかしツバエル的にはやるせないだろうなぁ。
萩乃と一緒に最後まで戦うつもりだったんだろうに。。。
にしても、ツバちんは本当にコマンダー想いの良い子だったな。

------------------------------



終わった直後は正直言って「え?!これで終わり?!萩乃は?マリは?
出てこないの?えーーーー?!」って思いました。
ものっすごい不足感というか。
鬱エンドはいやずら……。・゚・(ノД`)・゚・。

そう思っていたんだけど、某所の見解を見て救われました。

というのは「萩乃は生きている」説が出てたこと。
その根拠はこう。
 ・特攻時の萩乃のセリフが、1話でおばミッチーが呟いたセリフと同じ。
  おばミッチーはそのセリフの事を「幸運のおまじない」と言っていた。
 ・おばミッチーが持っていた台本が一部焼け焦げている。

萩乃が生きて戻ってきたのでなければそのセリフが「幸運のおまじない」
にはなり得ないだろうという推測。
また、焦げた台本は萩乃の台本ではないかということ。

そしてついでに思ったんだけど、13話において絶体絶命の場面が
3つあってそのうち2つ(アザー再登場直前、ノヴァールのジェノモード)は
助かっているから「2度有ることは3度ある」って諺もあることだし、
特攻後の萩乃も何かしら助かったんじゃないかな。
なんて思ったりして。

そんなわけで、萩乃生存説に考え方が変わりました。
まぁあぼんENDだったとしても、それまでの2人の物語に変わりはないけど
でもやっぱ幸せが続くというENDがいいなと思うわけです。
生きていたならマリやみんなと仲良くやってるだろうし
それなら自分的にOKであります!(^^)

うん。いいもの見せて貰ってよかったです。
ありがとう!>スタッフ


コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://rmchsnyk.blog12.fc2.com/tb.php/534-d2a74dbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。